岡山で入れ歯(義歯)にお困りなら

〒700-0074 岡山県岡山市北区矢坂東町6-1
中鉄バス「リサーチパーク」行き「平津橋」停留所より徒歩5分

診療時間
9:30~13:00

×
14:30~19:00 ×

△:9:30~12:30/14:30~19:30 ■:14:00~17:00
休診日:日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

0120-960-471
086-256-4618

超精密入れ歯とは?
~超精密入れ歯をオススメします。まずはコチラをご覧下さい~

「超精密入れ歯」とは?

超精密入れ歯の言葉をあなたは聞いたことがあるでしょうか?まずは当院が最も力を入れている超精密入れ歯についてお話します。

超精密入れ歯を作るステップ

  1. 最初の診療時にカウンセリングルームで、あなたの入れ歯に関する悩みや不安、不満をきちんと聞かせていただきます。ここが一番大切で当院で一番力を入れているところです。
  2. 次に診査診断です。現在使用している入れ歯の問題点を、歯科医師と歯科技工士が協力して確認して何が問題なのか?何を改善すればいいのかきちんと診断します。
  3. 必要があれば今の入れ歯の修理を行います。超精密入れ歯つくりには時間がかかる場合が多いですから、この今の入れ歯の修理も大切なステップです。
  4. 型取りは歯ぐきの型だけではありません。お口の中の空間を、立体的に型をとります。立体的な型取りは1回でなくて数回かかる場合があります。
  5. 入れ歯の高さは、患者様の顔の形などを考慮してきめます。
  6. 使用する人工歯は患者様の希望と顔、形にあわせて選びます。この歯は保険で使う軟らかい歯と違って最高の人工の歯を使います。
  7. 仕上げの手前で「必ず問題点の解決」をします。
  8. 最後に仕上げをして超精密入れ歯をお渡しします。

どこが精密なのか?

入れ歯の台の部分は、内面だけ精密につくるのではありません。唇の張り具合、内面から頬に移行する部分、舌の収まるスペース等を、精密に型を取ることによって、正確にレジンと呼ばれるプラスティックで再現します。

型を取る時間、回数も保険で作る入れ歯と違い大幅にかかります。そのために患者様の治療に対する協力とご理解が大変重要になります。この方法を使えば、床の部分に関しては患者様のお口にフィットした床ができます。あごの位置決めは、保険では簡単に"ハイ噛んで"と言われて、この位置でいいのかな?と感じておられる患者様も多いと思います。

当院では、ゴシック・アーチ法という比較的安定した位置を導き出せる方法をステップの中で必ず採用しています。このあごの位置決めはとても重要です。

また最終的な入れ歯の材料を固めて形を作る重合と言う操作はとても大切です。当院の超精密入れ歯はレジン仕上げと言って、硬度のプラスティック仕上げとなります。金属の入れ歯は将来的に修理の面でお勧めできません。超精密レジン仕上げをお薦めします。

このレジンと言う材料は形を作る時に熱を加えた後冷却します。その際に収縮といって小さくなる傾向があり、今までの入れ歯作りに誤差を与えていました。しかし当院の超精密入れ歯は岡山にも数台しかない「超精密重合システムDSシステム」等を使っていますので、ひずみの大変少ないピタッと収まる入れ歯が可能になっています。

服で言うと仮縫いに当たる「ロウ義歯」の試適が終われば、義歯の完成はもう目の前です。

ロウの部分をレジンというプラスティックに置き換えるのですが、このレジンは固まるときに、収縮します。

一般的なやり方では大きく変形してしまう事があり、なかの歯科クリニックでは適合精度を極限まで高めた義歯を製作しています。

まず、ロウ義歯で鋳型をつくります。精密につくられた専用容器に耐圧性の高い石膏を用いて鋳型が二つに分かれるように埋め込みます。

石膏が固まったロウをお湯で流し樹脂を入れるスペースを作ります。

確実にロウを洗い流すためと、排水としてロウを流さず、回収して環境を守るためお湯を循環しロウを回収する機械を使用しています。

ロウの無くなった部分に樹脂を注入します。入れ歯の樹脂は、熱によって硬化します当システムでは熱のコントロールで適合の良い義歯を作ります。

歯肉にあたる部分から硬化させ徐々に人工歯の方へ硬化していく様、歯ぐき部分98度。人工歯根55度に精密にコントロールできる器械を使用します。

加熱できたら樹脂を注入です。樹脂は精製度の高い樹脂なので匂い、汚れなどが着きにくい専用の物を使用し機械(レスター)の中で常に一定の22度で保管しています。自動注入器(セリオ)で常に収縮分を補充しながら硬化させます。

人工歯根の移動
義歯と模型の間隙
義歯の切断面
適合状態

硬化したら鋳型から掘り出し、ロウ義歯試適の時に器具に戻しました。噛み合わせもほとんど変わっていません。

綺麗に磨いて完成です。

治療名:超精密入れ歯(BPS)
治療の説明:欧米諸国での普及率が非常に高い入れ歯制作システム。一定水準を満たした歯科医師、歯科技工士のみが作製することができる。お口の中の形態を正確に型に反映することができるため、外れにくくよく噛める入れ歯です。
副作用:強い力をかけると割れる(欠ける)可能性があります。

全ての患者さまにご覧いただきたい。院長・中野浩輔の原点
なぜ、入れ歯治療に情熱を傾けるのか

なかの歯科クリニックについて

豊富な経験を持つ院長が、患者様一人ひとりに適切な治療をご提案。細かい部分まで配慮した丁寧な治療で、快適にお使いいただける入れ歯を作ります。

当院で作製する入れ歯の種類をご紹介します。

当院にお越しいただいてから、治療が終わるまでの流れをご説明いたします。

院内の様子や導入している設備などをご紹介します。

患者様からよくいただくご質問をまとめました。

入れ歯でお困りの方、お気軽にご連絡ください。

0120-960-471
086-256-4618

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

午前:9:30~13:00
午後:14:30~19:00
△:9:30~12:30/14:30~19:30
■:14:00~17:00

休診日:日曜・祝日

0120-960-471
086-256-4618

〒700-0074
岡山県岡山市北区矢坂東町6-1
中鉄バス「リサーチパーク」行き「平津橋」停留所より徒歩5分